生酵素の効果に仰天|お肉を食べるより効果的

女の人

浮き出た手の血管を塞ぐ

手

血管が目立つ理由

多くの方は年を取るにつれて、手の甲の血管が浮き出て目立つようになりますが、こうした症状をハンドペインと呼んでいます。ハンドペインの原因にはいろいろありますが、最も大きいのは老化と考えられています。皮膚が衰えて弾力を失うことで、その下を流れる静脈が浮いて見えるわけです。血管が目立っても、普通は日常生活に支障がないため、いわゆる病気とは見なされていません。しかし手は人目につきやすい場所であり、見た目が気になるという方が少なくありません。そのような場合は美容外科や美容皮膚科で治療を受けることができます。病気ではないので保険が適用されず、原則として自費診療となりますが、コンプレックスを解消するには効果的です。ハンドペインの解消にはサプリメントにも注目しましょう。コラーゲンが含まれているサプリメントは老化防止に効果的です。

治療の方法と再発

医療機関でハンドペインを治療するには、目立つ静脈をレーザーや硬化剤で塞ぐ方法が用いられます。血流を止めてしまえば太く膨らんだ血管は縮小し、徐々に体内へ吸収されて消失していきます。血管をなくしてしまうと聞くと、副作用を心配する方がいるかもしれませんが、もともと静脈は数が多く、何本か塞いだとしても手の血流が妨げられることはありません。ハンドペインは加齢が主な理由なので、治療しても再発する可能性はあります。一度治療した血管が再び膨らむことはありませんが、別の血管が目立ってくることは考えられます。そうした場合は再治療できますが、もちろん治療費はその都度かかるので、予算に十分余裕を見ておくことが大切です。手軽な治療をお考えであればサプリメント摂取も視野に入れてみましょう。